生まれも育ちも、今の土地です。引越しはお金がかかるけれど、自分が成人する前に「一人暮らし」への、願望を持ちました。
長く住み、その地に顔なじみが増えていると、防犯上では安心です。そうは言っても、中途半端な顔見知りは、多ければ多いほど、けっこう気まずいものです。
大勢であっても仲が良くて、長期的な信頼を築けるような、仲間意識を維持できるような集団づくりとしてのイメージは単なる理想に終わりやすいです、コミュニティを意識していくことは、簡単な課題ではないのです。

3d8f7f17b2aa1f520ec5e17157ff9724_s
わがままだとわかっていても、人目を気にせず歩けるような、ちょいと都会的な住環境に、初めのうちは憧れるものなのです。
結婚したり、育児が始まれば、考え方が変わることも予測がつきます。
長生きするのも大変ですね。生きてるうちに、好みも変わります。誰かと暮らすと決めれば、ますます展開は、ややこしく変わっていきます。
どこに住んでも、世間体は面倒です。自分以外の話、人間のうわさ話とか、してはいけない気がします。
誰もが住み心地の良い、都市づくりは夢です。田舎に住んでも、都をイメージします。<住めば都>素敵な日本語ですね。
「どいなか」と聞けば、どうしても千葉県周辺を連想してしまいます。その千葉県は、面積がとても大きいので、事前に解説が必要です。千葉県東部、海寄りは、静かな雰囲気です。海岸線は、人の気配がないです。若者のデートには
向いていても、住まいとしての憧れはなかなか、今まで湧いてきませんでした。

Similar Posts:

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする