» 2015 » 11月のブログ記事

9a7d7fc9cfcd90ff84c30941571d2264_s

食器棚 引越し 料金 引越し前にチェックを!

以前我が家が引越しをしたときのことです。このとき予想以上にゴミがたくさん出てしまい、そのゴミの処理に後々大変苦労しました。
まず普通ゴミで捨てられるものばかりなら良かったのですが、そうではなく金属やプラスチック、木材など素材が様々なゴミが出てしまったのです。なのでこれらを素材ごとにまず仕分けをし、それからその地域のゴミの分別法を調べて、少しずつ処分していったのでした。
まず最初は木材ですが、これはゴミ袋に入る大きさであれば、普通ゴミに捨てることができるとのことでしたので、大きなものはノコギリで切りゴミ袋に入るサイズにしてからすべて処分しました。そして次に金属製品ですが、これは無料で引き取ってくれる業者があったので引き取ってもらいました。ただプラスチック製品だけはどうにもならず、市に連絡をして一キロいくらとお金を支払ってすべて引き取ってもらいました。
これらすべてのゴミを処分するだけで二ヶ月以上かかってしまい、さらにその合間合間には引越しの荷解きやら整理整頓なんかを行わなければならず、引越し後しばらくは慌しい日が続いたものです。
なのでようやくすべてが片付いたときには心の底からほっとしたものでした。

梅雨もまだ明けない頃、私は田舎に引っ越すことにしました。転居先は同じ県内でしたが、距離がだいぶ離れていましたので、引越し業者に頼むことにしました。転居先までは車で片道2時間ほどかかります。引越し業者の人に自宅に来てもらい、見積もりをしてもらいました。できるだけ費用を抑えたかった私のわがままも聞いてくださって、営業さんはすごく印象の良い方でした。しかし、実際の引越し作業は散々な品質でした。

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s

大手の引越し業者だったので安心していたのですが、家具を壊されたのです。洗濯機でした。引越しの様子を新居で見ていたら、洗濯機を運搬する際、取っ手を使わずに、洗濯槽の縁をつかんで運んできたんです。あんなに不安定でもろい部分をつかんだら絶対壊れちゃうと私は顔が青ざめました。私の不安は的中し、私の見ている目の前で、「バリバリバリ」という嫌な音がしました。洗濯槽の縁に負担がかかり、操作パネルの部分が変形してしまい、外れてしまいました。「何で取っ手使わずにこんな不安定なところ持つんですか?!壊れるに決まってるじゃないですか?!どうしてくれるんですか?!」と作業員さんに問いただしました。そのお兄さんは、慌ててその壊れた箇所をなんとか自力で直そうと誰かに電話をしながら作業していましたが、やればやるほどどんどん壊れていき、取り返しがつかないような状態になってしまいました。散々いじった末、「電源は入って使えます」の一言。ふざけるなと憤りを感じた私は、すぐ電話をして文句を言い、弁償してもらいました。
大手だからといって安心してはいけませんね。今回は自分の家具を壊されてそう反省しました。

11f6bf133b4cd9be5ead4347803aa9df_s

東京、今まで好きだったのです。それでも人生色々、価値観は変化します。渋谷、池袋、六本木、新宿、その辺りの周辺は今のところ引越しの候補から外れました。今回は大きな決断です。私の未来も方向性を切り替えたのです。住まいは重要です。関わる人間のカラーが、けっこう違ってきます。
私の仕事は、都内に足を運ぶ必要があります。毎日ではなくて、半年に一度くらい、都内へ出向くのです。詳細は書きませんが、事情がそんな感じです。
人が集まる繁華街、注意すべきことは増加中です。10代、20代限定で歓迎されているようにも思ってしまいます。どの土地にも色々と裏事情があるのです。テレビではあんまり言ってなくても、体験した人にしかわからないことがあるので、書いておきたいなと思ったわけです。
何はともあれ、都会は住むところじゃないな、今思う範囲内です。引越ししなければならない時、仕事と住居の往復経路をイメージに取り入れる必要があります。
住所を得る際、ラジオの受信環境を重視します。引っ越すならば、ラジオ感度が良い場所を求めます。インターネット上のradikoというサービスは、人気急上昇だけれど、それでもアナログラジオの受信を私は重視したいのです。私のこだわりです。
もっと健康になりたいです。かかとを意識したり、つま先も意識したり、近所のウォーキングは大切なエクササイズです。どこに引っ越しても、歩く時間を大切にして、気持ちが良い時間を過ごし、心のバランスもとりたいと考えています。