» 2017 » 5月のブログ記事

引越し 単身パック ベッドを運ぶには?

運送会社に勤めていて大きなメリットというのは道を覚えられる、色々な抜け道を知る事ができる、1人の時間が多いので気楽に仕事ができるという点だけだと思っていたのですが、以外な所にメリットがありました。

それが引越しの時です。
何を言いたいのかといいますと、トラックがあれば引越しが自分達でできるという事なのです。
勿論会社のトラックですので無断で使用する事はできませんので、当然社長や上司に許可を頂く必要があります。
ここでポイントなのが大手や箱型のトラックで思いっきり会社名がでかでかと書いてあったりするトラックだと恐らく貸してくれないという事です。
勿論従業員割引等といった具合で正式に引越しをその会社で請け負ってくれるという事はあるかもしれませんが、そこまで規則にうるさくない中小企業の場合は社長が理解のある人であれば普通に使用させてくれるので負担の大きい引越し代を浮かす事ができるのです。
それ以外でも運送会社にいるという事は毎日荷物を持ったり、運んだりしているという事もあるので引越しの家具や段ボールを運ぶ事に慣れているので素人の人がやるよりも手早く運ぶ事ができるのです。
正直これは結構大きなメリットです。

a0001_015895
素人が自分達だけで引越しをするととても大変ですよね。
家具や重たい荷物を持つのは腕力だけではなくちゃんとしたコツがあります。
そしてそのコツはその場ですぐにできる事ではないので運送業というのはこんな所で役に立つのかとびっくりしました。
正直過去に引越しをした際に引越し屋さんが1人で洗濯機等を持っている所を見ると凄いなと思っていましたが、今では当たり前に持てますし、運送業のメリットはここなのかもしれないと感じています。
引越しは只でさえ前家賃や敷金、礼金、仲介手数料、ガス保証金、鍵交換代等等とにかくお金がかかりますが、そこに引越し代が入るか入らないかでその月の生活が大きく変わってきます。
運送屋さんは万年人手不足ですから、従業員の特権でこんな事もできますと紹介したりすればもしかしたら応募者が増えるのではと思いました。

7de58a73787bf59ef2cbede4656df342_s

引っ越しと言えば普通引っ越し業者に頼むのに我が家では、自分達で引っ越しをします。始めは引っ越し業者を頼んでいたけど、引っ越し代もお金もかかるし頼んだ引っ越し業者で荷物の破損があったりで、旦那は激怒し揉めに揉めたあげくもう二度と引っ越し業者を頼まないと言い切りました。
しかも引っ越せば部屋の間取りや、落ち着く部屋じゃないと文句を言いまた引っ越しをするという旦那の気まぐれに付き合わされ、何度も引っ越しを経験する羽目になりました。でも何度も引っ越しをする内にコツを掴むようになって
物入れは収納ボックスを多用するようになり、無駄な物はどんどん処分し、
引っ越す度に部屋の中がシンプルになっていきます。運びやすいように台車を購入し、脚立まで買いました。これが結構役に立つ。
引っ越しもトラックをレンタルして、大物から運び出す。ポイントは先に運びたい物から玄関に集めておく。荷物を入れるダンボールはスーパーから
ただで貰ってくる。手つきがあるので運びやすい。マジックで台所用、リビング用など運びたい所を書き込んでいく。そうやって小分けすると
車で何往復もするけど意外に一日で仕事が片づく。体力は使うけど、すっかり引っ越し慣れして、いとも簡単にできるようになった。
お金も浮くし、部屋も無駄に大きな家具もないからシンプルで掃除もしやすく快適だ。生活する上であまり物で溢れかえるより必要な物だけあれば
生活しやすいなとつくづく思いました。